売掛金回収の手段とは

売掛金回収についてはいろいろな解決策があります。今現在、売掛金はしっかりと回収できているから、売掛金で商売をしていないから、と安心されている方も、売掛金回収のトラブルは頻繁に起こっている為、いつ何時身にふりかかるかわかりません。事業を行っていれば必ずついて回る問題ですので、経営者の方なら知っておくべき「売掛金回収」についてしっかりと理解しておく必要があります。

売掛金とは、商品を販売して即金ではなく、後日決められた期日に支払ってもらうという取引形態において、その請求する代金のことを言います。代金を請求する権利を「債権」、その権利を持つ人を「債権者」と言い、逆にその代金を支払う義務のある人を「債務者」と言います。売掛金とは、いわゆる「ツケ」にあたり、経営者は期日にそのツケの回収を行う必要があります。ツケが未回収になれば、自社の経営にも悪い影響を及ぼしますので、回収をして売上にしなければいけません。

回収の手段としては、電話やメール、直接相手先に出向いて請求をすることに始まり、公的な書類を送付したり、裁判所にて手続きを行い、最終的には訴訟を起こして強制執行をすることもあります。できれば穏便に回収できることが望ましいですが、中には悪質な取引先もありますので、対応が難しい場合は法的手段に出る必要が出てきます。法的手段の一つに、少額訴訟と呼ばれるものがありますが、あまりご存知ない方の為に、少額訴訟による回収について説明します。