少額訴訟による回収

売掛金回収の手段として少額訴訟による回収する方法があります。「少額訴訟」とは、その名前から想像できるように、60万円以下の金銭を請求する際に利用できる制度であり、利用できる金額が少額であるという特徴があります。ただし、訴状はテンプレートに記入するだけで簡単にできる手続きである点、判決がその日のうちに出る為、審理が一日と大変短い点、訴訟費用が格安な点が大きなメリットとなります。

少額訴訟制度の大きな特徴として、一度の裁判で解決でき、その日のうちに和解や判決によって解決することができる点があります。その為には迅速に必要な資料や証人を準備しておく必要がありますが、大きなメリットと言えるでしょう。通常の訴訟では、原告の訴状が認められた場合、「いくら支払え」という一括返金が命じられますが、少額訴訟の場合は、相手の財産や支払能力から裁判所が判断して分割払いや支払い猶予がつくこともあります。つまり、柔軟に対応してもらえる判決が出ることもあり、解決に一歩進みやすくなります。ここで出た判決内容に関して、異議申立ては不可となっています。ただし、少額訴訟で裁判手続きをしたとしても、相手が通常の裁判を希望すれば、普通の裁判になってしまうというデメリットもありますので注意が必要です。